MENU

低用量ビル「ヤーズ」が一番相性のいいピルだった

なぜ高プロラクチン血症に対する薬が効かないかは今も不明のままで、ピルを勧められたのは、もう妊娠・出産がハイリスクになる年齢だったという点が強いです。
ピルを使うことで、妊娠・出産はできなくなりますが、強制的に生理を起こすことができるので、高プロラクチン血症の薬がだめなら、ピルしか方法はないと主治医が判断しました。
しかし、最初に処方されたピルは、私の体質に合わず、吐くし激しい頭痛が出てくるしで、つらくて、変更してもらいました。それでも、変更後のピルは合わず、最終的にたどり着いたのは、低用量ピルの「ヤーズ」でした。その当時は、流通し始めた時期で飲んでいる人も少ないと聞いています。ホルモンの配合量が低いという点で、私の体に合うのではという医師の判断によって、「ヤーズ」を服用することになりました。
最初は、吐き気や頭痛が出ないか心配でしたが、全く起きることはありませんでした。
生理前にきつい頭痛があるぐらいで、慣れるとそれも薄れていきました。
今は、服用期間は一般的な女性の閉経期と合わせようということで、飲み続けています。
「ヤーズ」は一番気をつけなければいけないのは、「喫煙しないこと!」が大切です。なぜなら、血栓ができやすくなるからです。しかし、薬のことですから、喫煙していなくても血栓ができやすい薬ともいわれていますので、お財布に病院が作成した「ヤーズ服用者カード」を入れて、万が一のことの為を考えています。
今は、何もないので安心して飲めるし、不自然な形ではありますが、生理が毎月きちんと来てくれるので、とても助かっています。