MENU

子宮内膜症の人に勧めたい低用量ピル

「低用量ピル」と聞いて、何を思い浮かぶでしょうか?最近では、「血栓」が多いでしょうか。他には、「避妊」を思い浮かべる人も多いと思います。
避妊ならば選択肢はピル以外にもあります。けれども、子宮内膜症の人には、あまり選択肢はありません。「治る」ということがない病気ですから。
ひとくちに「ピル」といっても、高用量から超低用量までいろいろあります。

 

そのなかで、「低用量ピル」は副作用も少なく、最近ではこちらが主流ではないかと思います。
ピルを飲んでいる間は、疑似妊娠状態になるので、自然な生理は来ません。つまり生理痛が改善されます。

 

痛みの無い生活がどれほど有り難いものか、生理痛で悩んでいる女性は実感することでしょう。よく血栓が騒がれますが、ピルを飲んでいる人より、妊娠した人のほうが血栓になる確率は高いのです。
いたずらに心配するより、きちんとチェックしてくれるお医者さんに処方してもらえばいいでしょう。ひどい生理痛で悩んでいる女性にとって、毎月大量の鎮痛剤を飲むのと、低用量ピルを飲むのと、どちらがより快適か、試してほしいと思います。